短期の単身赴任を命じられた?マンスリーマンションを活用しよう!


短期の単身赴任にピッタリ

2年や3年などの長期間の単身赴任ではなく、1年未満の短い単身赴任を命じられたとき、住まいはマンスリーマンションを利用することを考えましょう。アパートやマンションなどを利用する場合、家具や家電を引っ越し先に用意しなければいけません。自宅に家族がいるならば、そこからテレビやタンスなどを持っていくのは難しいでしょう。だからといって新しく買ったのでは、単身赴任が終わって自宅に戻るときに無駄になってしまいます。

マンスリーマンションなら、生活に必要な家具や家電が設置されているため、自身でわざわざ用意する必要はないです。持っていく必要も買う必要もないので、短期間の単身赴任にピッタリだといえるでしょう。

設備をチェックしよう

どのような設備が用意されているのかは、マンスリーマンションのサービス概要で説明されています。マンスリーマンションを運営している会社のホームページを見れば、用意されているものがすべて載っているのでチェックするのは難しくありません。デスクや電子レンジ、ベッドなど物件によって用意されているものは違うため、自身の単身赴任生活に必要なものがすべて揃っているのかしっかりと確認しましょう。なお、仕事にインターネットが必要なら、有線や無線の回線が用意されているかどうか確かめることが大切です。同じ運営会社のマンスリーマンションでも、物件によってインターネット回線の有無は異なるので、きちんと調べておかなければ後悔するかもしれません。

マンスリーマンションには、家具家電が備え付けられているところも多く、短期間しか住まない場合や、家具家電を新たに購入したくない場合に便利な住まいです。