製造業を営む会社は福利厚生面でのサポートを用意している


工場での仕事は福利厚生が充実している

製造業が盛んな日本においては、北海道から沖縄までの地域で、複数の工場が立地しています。組み立てといった流れ作業を、昼夜問わず行うイメージが強い工場の仕事の場合、福利厚生が充実している点が、大きな特徴です。工場を運営する会社によって、用意されている福利厚生の内容は多少異なりますが、安心して仕事ができる環境づくりが積極的に行われています。

家賃等に影響する住居関係の福利厚生

転職等により地方の工場に勤務する場合、マンション等の住宅を借りる必要が生じてきます。その際に会社から受けられる福利厚生としては、賃貸住宅の家賃を一部補償する家賃補助があります。また、通勤するための住居が見つからない時や、会社が住居を用意する場合は、企業名義で借りている住居を従業員に貸し出す、借り上げ制度も存在します。こういった住居関係の福利厚生は、マンション等の住居にかかる費用を節約できる点が、大きなメリットです。

食生活に関係する福利厚生

都心部から地方に転勤して、地元のレストラン等で昼食を食べる場合、都心部よりは食事の値段が安くなります。その代わり、コンビニや飲食店の店舗数が都心部よりも少なく、地域によっては工場から10分以上離れたところにあるケースも想定されます。そういった食事に関する福利厚生としては、昼休憩の時間にとる食事を会社が用意する、昼食補助制度が該当します。会社と提携している飲食店が食事を用意するため、料理のバリエーションが少ないというデメリットはあるものの、工場から出ていかずに食事が取れる点が、最大のメリットです。

埼玉の工場の求人の傾向として住み込み可能な小さな工場が目立ちます。街中から離れているので便宜を図っているのです。