縁の下の力持ち!フォークリフトの仕事のメリットとは


様々な職場で高い需要がある

重い荷物をたくさん運べるフォークリフトは、物流業界にに欠かせません。フォークリフトは日本の経済成長を支えてきた縁の下の力持ちのような存在であり、これからも需要が途絶えることはないでしょう。倉庫や工場だけでなく、建設現場や工事現場など、様々な職場でフォークリフトオペレーターは求められています。職場は変わっても作業内容は基本的に同じなので、資格さえ取ればどの現場でも働くことができます。また、フォークリフトの経験があれば、就職や転職の可能性を高められるのもメリットでしょう。

未経験でも始められる

フォークリフトは資格がないと運転することができません。しかし、中には会社がフォークリフトの資格をサポートしてくれることもあります。その場合、働きながらフォークリフトの技術を磨くことが可能です。未経験で募集している企業は意外と多いので、手に職を付けたいならば、応募してみるのもありです。資格取得にかかる費用を負担してくれる会社もあり、そのような会社に転職すれば、お得に免許を取得できるでしょう。

年齢や性別に関係なく働ける

フォークリフトが荷物を持ち上げ運搬してくれるので、操作している人は腕力を使う必要がありません。男性の仕事というイメージが強いですが、全体の1~2割は女性となっており、力がなくても問題なく働けるのです。車を運転しているような感覚で荷物を積み上げることができるので、高齢になっても働くことができます。実際にフォークリフトの求人を見てみると、60歳以上歓迎のものも少なくありません。体力に自信がなくても、無理なく腰を据えて働けるのが魅力的な部分です。

トレーラーの求人で経験者が優遇されるのは、大型免許とけん引免許が必要だからです。そのうえ高度な運転技術が要求されます。