工場求人を選んでみよう!期間従業員の魅力を解説


工場の求人にある期間従業員とは

工場の求人をチェックしていると、期間従業員を募集しているメーカーがあります。期間従業員とは、自動車工場や家電工場などで働く際に、期間に定めを設けて労働契約を結ぶ従業員のことです。期間工や期間契約社員などとも呼ばれています。期間従業員はメーカーと直接雇用関係を結ぶことから、福利厚生などもそのメーカーの規定に準じます。

派遣社員との違いについて

期間従業員と似たような働き方に派遣社員があります。両者にはどのような違いがあるかといえば、期間従業員はメーカーと直接雇用関係を結ぶのに対して、派遣社員は派遣会社と直接雇用関係を結びます。そのため、メーカー側からすれば、派遣社員は単なる請負にしか見られていません。

期間従業員はメーカーが直接雇用しているので、中間マージンが発生しません。コストが抑えられるので、その分が給与に反映されることが多いです。仕事内容に関しては部品の組み立てなど、単純な流れ作業を担当することになります。職人的な技術は求められていないので、工場勤務が未経験であっても仕事に就きやすいです。

期間従業員として働くメリットやデメリットとは

期間従業員の良いところは、仕事の内容の割に収入が高いことです。期間従業員の一般的な年収は、約400万円だといわれています。雇用期間が定まっているので、短期間でお金を稼ぎたい人に向いている働き方です。学歴や職歴は不問であることが多く、誰でも期間従業員として働くことができます。一方期間従業員の弱点としては、雇用期間が定まっていることです。同じメーカーで働ける期間は長くても2年11ヵ月です。そのため、労働契約が切れるまでに、次の就職先を見つけなければなりません。

utエイムとは、半導体や自動車など製造業の工場を中心にスタッフを派遣する派遣会社です。ほかの会社とは異なり、無期雇用が特徴で、キャリアアップ制度がある点がメリットです。