プラントの定修の仕事はどのように探すのが良いのか?


実務経験が豊富な人は技術系のエージェントを頼ろう

プラントの定修に携わるエンジニアは、生産設備の老朽化の程度を定期的にチェックしたり、必要なメンテナンスの方法を現場に伝えたりと重要な役割を果たしています。こうした業務の経験が豊富な人は、大手のメーカーを中心に活躍の場が広がっており、一つの現場で長く働き続けるだけでなく、転職をして収入を増やすことも可能です。技術系の転職サポートを行っているエージェントの中には、プラント定修に関する専門スキルがある経験者を対象に収入額が高めの非公開求人に応募できるようにしたり、中途採用の面接や書類選考のアドバイスをしたりしているところが多く見られます。そこで、スムーズに自分のキャリアを生かせる転職先を見つけるうえで、各エージェントのサポート内容や過去の実績に目を向けるのがおすすめです。

エンジニア向けの転職相談会やセミナーに顔を出そう

プラント定修の経験はあるものの、どのような転職先を選べば良いか迷っている場合には、大手から中小まで様々なメーカーが集まる転職相談会やセミナーに顔を出すのも良いでしょう。こうしたイベントでは、生産現場におけるエンジニアの具体的な業務内容や、期待されるスキルについて詳しく話を聞けるため、転職をしたことがない人も無理なく職場探しをすることができます。また、イベントによっては希望者を対象に会場内で一次面接を実施したり、職場見学の受付が行われたりすることもあります。そのため、当日に少しでも興味があるメーカーを見つけたときには、積極的に担当者と話をすることが有効です。

定修は定期修理の略称です。工場などの製造施設における、設備の定期的な点検や修理作業を指します。大掛かりな修理を必要とするトラブルを未然に防ぐのが目的です。