プラントの施工管理の仕事ではどんな知識や資格が求められる?


施工管理には業種ごとにふさわしいエンジニアが必要

これからプラント施工管理の仕事を希望している方もいることでしょう。石油や天然ガスをはじめプラスチックや食品に至るまで、プラントでは人々の暮らしに欠かせない様々な製品や素材が生産されています。それらの生産過程では数多くの大型設備や機械等が関わるため、プラントも大規模化するのが一般的。したがってプラント建設にあたっては、大規模なプロジェクトをスムーズに遂行するためにも、業種ごとにふさわしい専門的な知識や技術そして資格を備えた、各種のエンジニアが必要不可欠になります。

化学プラントで求められるエンジニアとは

プラントの中でも代表的なものが、石油や天然ガスを扱う化学プラントです。ここではプラントの基本設計に関する機械系や、電気制御システムを構築する電気系に加え、化学製品の製造工程を構築する化学系も、プラント施工管理の業務では中心になります。そのためエンジニアの中には、大学院等で化学に関する知識を習得し、高圧ガス製造保管責任者やエネルギー管理士あるいは危険物取扱者といった、化学プラントの現場に役立つ資格を持っているケースが目立ちます。

環境プラントで求められるエンジニアとは

地球環境を保護する意識の高まりによって、環境プラントのニーズも増加しています。例えば廃棄物処理場や下水処理場の他、資源のリサイクル施設やバイオマス発電所などは、一般的にもよく知られた環境プラントでしょう。ここでは機械系や電気系の業務に加え、工事計画やメンテナンス計画あるいは設備の試運転など、施工管理の仕事も多岐にわたります。そして環境プラントにふさわしく、公害防止管理者や作業環境測定士といった資格を持つエンジニアも、数多く活躍しています。

プラントの派遣を利用することによって業務内容に合う最適な人材を得ることが出来るため、人件費の削減や業務の効率化につながります。