残業のないドライバーの仕事はある?ルート配送の魅力とは!


ルート配送は基本的に残業なし

残業がほとんどないドライバーの仕事としてよく知られているのがルート配送です。ルート配送はトラックで荷物を運搬する仕事の一つで、集荷先と配送先が固定されているのが特徴です。一般的には配送先への納品時刻も固定されていて、定期的に同じ商品を配送することになります。そのため、ルート配送のドライバーは割り当てられる配送ルートが決まると、そのスケジュールに合わせて働くのが重要な任務です。ルート配送ではクライアントが予定している時刻に商品が確実に届くことが重視されています。そのため、追加業務を強いられることも少なく、安定して同じ時間に働くことができます。

残業リスクは交通渋滞

ルート配送のドライバーが残業するケースとして知られているのは交通渋滞によって配送が遅延する場合です。ルート配送では集荷先、配送先のそれぞれのクライアントから指定された日時に対応することが求められます。倉庫から配送先へ、集荷先から倉庫へというルート配送の場合には、交通状況を確認してスケジュールを調整します。運転する区間は同じなので、交通渋滞があると運転時間が長くなり、残業が発生せざるを得ません。また、直送の場合には集荷先と配送先の両方に連絡を取ってスケジュールを変更する必要が生じます。交通渋滞の影響によって遅れが生じることは同じですが、早出残業が必要か通常の残業になるかはケースバイケースです。ただ、交通渋滞が解消されて残業が不要になる場合もあります。

愛知のドライバーの求人は非常に多く出ています。その理由としては、愛知を拠点とする企業が多く、物流が盛んになっているためです。