どんな場所で活躍できる?一陸特の資格内容と合格率


一陸特の資格内容と取得の仕方

日本には仕事で役に立つ資格が数多く存在しますが、一般に知られていない物も少なくありません。一陸特と呼ばれる資格もその一つです。一級陸上特殊無線技士の略称である一陸特は文字通り無線の技術的な操作を行うために必要な資格になります。国家資格に分類されていますが、受験に定められた条件はなく、事前に必要な書類を提出すれば誰でも受けることは可能です。

受験の難易度と合格率

陸上特殊無線技士の資格は一級から三級まで3つの段階に分けられています。三級と二級は比較的取りやすく合格率も7割から8割と高めです。それに対して高難度と言われる一級は合格率が3割程度まで下がります。一級は試験の出題範囲が広く過去問を解くだけでは対応するのが難しいというのが主な理由です。電気や電波に関する知識を十分に持ち合わせている人であれば最初から一級に挑戦をしても努力次第で合格することはできます。無線の知識がない人は合格率が1割を下回るので二級や三級から始めるのが無難です。

試験に合格するための勉強法

一陸特の試験は大半が計算問題になるので、過去問と合わせて計算に特化した問題集を活用して勉強することが基本です。特に文系で計算が苦手な人は計算問題集に比重を置いて勉強することが重要になります。勉強に書籍を活用する人も多くいますが、独学だけでは合格するのは難しいのが実情です。ネットを使った通信講座やセミナーに参加をして、本からでは学べない傾向と試験の対策を知っておくことが合格に繋がります。

一陸特は、一級陸上無線技術士という無線設備を扱う資格の略称です。この資格を持った人が、スマートフォンの通話やネットを支える基地局や、テレビの中継局などが、止まらず動き続けるよう調整しています。