プラントの施工管理とはどんな仕事なのか?


多くの職人のやることをサポートする仕事

プラント施工管理の仕事とは、「様々なものを生産するための設備」であるプラントを施工するための、作業を管理する仕事です。複数の部署で作業している方々の状況を確認し、納期までに決められた予算の範囲で終了できるかどうか、作業面での調整を行うことが仕事といえます。作業中のリスクを事前に想定して安全管理をすることや、部材を適正化価格で仕入れるなどの原価管理、完成したプラントが安定して稼働できるか点検する品質管理なども行わなければなりません。特に作業面で職人たちの操作ミスなどによって、事故につながる可能性は非常に高いです。作業を行うときのチェック状況に関してルールを明確にすることや、危険物に関する資格を持つ人や専門家と話し合い、作業にどんな人材を配置したらいいのか考えて、リスクを最小限にするようサポートすることも忘れないでください。

完成後のサポートも重要な仕事

作業状況によって一部の個所で作業が遅れることはよくあることですが、予定通りに仕上げるためには遅れがちな部署に人員を多く配置するなどスケジュール通りに作業できるように気を付けなければなりません。そのため、毎日作業状況を確認し、作業が遅れがちなところをチェックすること、作業がスムーズに進んでいるところから人材を配置転換させて大丈夫か確認することも必要です。部材の仕入れを管理することも仕事の一つで、何にいくら使ったのか瞬時に確認できるシステムを活用し、品質を落とさず安くできないか、確認することも大切となります。なお、建設が終了したら定期的なメンテナンスも必要となります。トータル面での安全性を確認し、よりよく稼働できるようにサポートすることも忘れないでください。

プラントの施工管理では、石油化学工場や廃棄物処理場などのプラントならではの工場で、機械の点検や危険物などの安全管理を行っています。